ロサンゼルス観光、費用はいくらあれば足りるの?

ロサンゼルス観光、ざっくり費用ってどれくらいみておくといいでしょうか?

おこたえします。

ざっくり計算で1日あたりの旅費は1人$300くらいですかね(2名旅行の場合)

それに航空券やお小遣い、お土産代をプラスって感じ

うーん。それってどんな計算したのか知りたいです

ですよね。じゃ、航空券、ホテル、移動、食費…どんなことに費用がかかって、その相場がいくらなのかみてみましょ。

それならイメージしやすいかも!

ここにテキストを入力

こんな内容ですすめていきます。

目次

ロサンゼルス観光に必要な費用とは

ロサンゼルス観光で最低でもこれに費用はかかるっしょ、をみていきます。

航空券

日本ーロサンゼルス直行便、往復航空券の相場は10万円前後(エコノミー)

乗り継ぎだと安ければ6万円代で探せます。

ちなみに3、4月の航空券がお得に手に入る時期なら、往復直行便が6万円以下で見つかることも!

ホテル代

いいホテルに泊まるのか、とりあえず寝れる場所があればOKなのかにもよるけど

例えばBooking.comの評価8(とても良いレベル)で1泊、$200くらい。

評価7(良いレベル)だと1泊$150以下でもありました。

ちなみに税金やサービス料金を込みにした金額を表示しています。

ホテルでは1日分の宿泊費と同等の金額か、それ以下をデポジットとしてチャージします。部屋の破損がなければデポジットはチェックアウト後返金されます。

1泊$70もしくはそれ以下のホテルはあります。

ただ安さだけで選ぶと治安のよくないエリア、観光地までのアクセスが悪い、お部屋が清潔でない可能性があるので要注意。

ホテルの場合わたしなら、まずBooking.comでいうところの評価8~で探します。

アクセスが便利、お部屋が清潔そうであれば7以上のところも候補にあげるかな。

そのためにもレビューはチェックしたいところ。

ホテルは1室あたりの料金が表示されます。

例えば1室2名で利用する場合は

1泊料金を半分にわったものが1人あたりの宿泊費に。

移動、交通費

残念ながら交通の便がよくないロサンゼルス。

車で15分くらいの場所が、バスや電車だと乗り継いで1時間くらいかかることも。

旅行だと効率よく観光したいと思うので、公共機関はあまりおすすめしません。

ロサンゼルス周辺の観光であればUber(ウーバー)で十分。

ということでUberから料金をみてみます。

Uber、ウーバーの乗車料金

Uberは同じ目的地でも乗車する曜日、時間帯、車両のタイプ、

利用客がどれくらい多いのかにより料金がかわります。

平日と週末でどれくらい違うのかチェックしてみました。

今回はUber Xという相乗りにならないタイプを選択。

乗車:ハリウッド、チャイニーズシアター

降車:サンタモニカピア 

距離:30分(14 miles、22.5 km)

日曜の夕方:$43-$54

月曜の夕方:$23-$28

         【日曜】                    【月曜】

費用をおさえるなら相乗りのUber Poolがおすすめ。

ただしCOVID-19の影響で現在はPoolの配車をストップしています(2020年7月現在)

バス、電車の乗車料金

ロサンゼルスでよく見かけるバスはMetro。電車もMetroです。

メトロは社名でJRみたいなものだと思ってください。

サンタモニカ、ウエストLA周辺ではBig Blue BusやCulver City Busも運行しています。

どのバスもどこで降りようが片道料金は一律。

片道1日乗車券7日乗車券
Metro$1.75$7$25
Big Blue Bus$1.25$4$14
Culver City Bus$1なしなし
Metroの1-way(片道)は2時間乗り換えOK

バスはおつりがでません。乗車料金ちょうどの現金を用意するかTAPカードを購入しましょう。

Uberやバス、電車の乗り方やタップカードの購入方法はこちらにまとめました。

レンタカーの料金

少し遠出をするならレンタカーが便利。

ロサンゼルス空港近くには日系レンタカー屋さんがいくつかあります。

コンパクトサイズの車(TOYOTAカローラなど)を1日借りて、保険加入すると$75~が相場。

ロサンゼルス空港近くにある「さくらレンタカー」で車を借りたときは丁寧な対応をしてくれましたよ。

ロサンゼルス空港まで送迎もしてくれるので、到着後すぐレンタカーをしたい人は便利ですね。

さくらレンタカー

ロサンゼルスの交通ルールと高速道路の注意点などはこちら。

食費

カフェでランチ、夜はおしゃれなレストランに行くとします。

1人あたりの費用はざっくりこんな感じ。

ランチ:$15~$20(サラダやサンドウィッチ系)

ディナー:$100前後(前菜2、3皿、メイン1つ。ワイン1杯めやす)

カフェに関してはだいたいこんなくらいかと。コーヒーなど飲み物は入れていません。

ちゃんとしたレストランでディナーをするなら、1人$100くらい用意しておくと安心。

韓国料理、タイ料理アジア系のレストランは、お腹いっぱい食べて1人$20くらいで済ませることもできます。

チップを忘れずにおきましょう。

チップは金額の15%~20%が相場(行く場所によっては10%~15%)

場面別でのチップ相場、支払い方はこちら。

おみやげ

ロサンゼルスのおみやげスポットといえばトレーダージョーズ。

エコバッグ、調味料やスナック類などが$1~$5くらいとお手頃価格。

しかもオリジナル商品が充実していてデザインがかわいい。

わたしが日本へ帰国するときは必ずここでおみやげを買います。

普段からもよく行くスーパーの1つ。

プチプラコスメならTarget、CVS、Walgreens、Marshallsでわりと揃います。

例えば6色アイシャドウパレットが$8.99くらいとこれまたお財布にやさしいやつ。

ロサンゼルスのおすすめお土産はこちら。

ロサンゼルスの税金

アメリカでは州や自治体によりSales Tax(売上税)が異なります。

厳密には違いますがSale Taxは消費税とほぼ同様と思って問題なさそうです。

さて本題。主な観光スポットのSalesTaxはこんな感じ。

ロサンゼルス:9.5%

ビバリーヒルズ:$9.5%

ハリウッド:9.5%

サンタモニカ:$10.25

オレンジカウンティ$7.75

おまとめ

2人旅行とした場合、1日あたりの旅費は1人いくらなのか

ざっくり算出しますので、滞在日数に応じてプラスしてみてください。

航空券:$1,000(1人あたり)

ホテル:$100(1室$200)

ウーバー:$50(1日$100)

食費:$150(1人あたり、チップ込み)

冒頭であげたように1日$300くらいみておくと無難かなと。

そこにプラスお小遣いやお土産代をいれましょう。

もちろんこれよりおさえることはできるし、逆にプランによってはもっとかかるので

あくまで目安でみてください。

なるべく費用をおさえて観光をしたい!という人は

お得な航空券チケット購入、お手頃なホテルで宿泊、移動は公共機関をつかう、食事を工夫してみるといいですね。

ロサンゼルス旅行で失敗しないために、おすすめすしない観光スポットをピックアップしました!

参考になればうれしいです。

そしておすすめロサンゼルス観光スポットはこちら↓

わからないことなど何かあれば『おたずね箱』からメッセージをお願いします。

目次
閉じる