2泊3日?ロサンゼルス観光に必要な日数+失敗なしのモデルコース

ロサンゼルス観光、何日あれば満喫できる?

効率よくまわるモデルコースが知りたい

今回はこれをマルっと解決する内容でお届けます。

先に結論から言っちゃうと、日数別にできるロサンゼルス観光はこんな感じ。

  • 2泊3日ー定番観光スポットを駆け足でまわる
  • 3泊4日ー定番観光スポットをゆっくりまわれる
  • 4泊5日ーロサンゼルス観光満喫+ユニバーサルスタジオ or ディスニーランド or 郊外日帰り
  • 1週間ーロサンゼルス観光満喫+テーマパーク or 国立公園 or ラスベガスなど遠出+現地泊

ロサンゼルスの観光スポット紹介と、LA在住のわたしが考えるベストな日数別モデルコースをお伝えしていきます。

目次

ロサンゼルス定番観光スポット

ロサンゼルス観光スポットの定番といえばココ。

  • ベニスビーチ
  • サンタモニカ
  • ビバリーヒルズ
  • ハリウッド
  • メルローズ
  • ラ・ブレア周辺
  • ダウンタウン

これらの観光スポットのどこをまわればいいかまとめてみました!

合わせて読むとより旅行のイメージがわきやすいので、参考にしてもらえると嬉しいです。

次にこの記事↑を元に、効率よくまわる日数別のモデルコースを紹介。

ロサンゼルス観光、日数別モデルコース

はじめに最短2泊3日でいくロサンゼルス観光モデルコースから。

2泊3日でホントにLA観光できるの?

バタバタになるけど工夫次第でいけます!

2泊3日のモデルコース

A.P.C.

まず2泊3日は鬼スケジュール+駆け足で観光をする、が前提となります。

あと2日間たっぷり観光につかうため、早めにロサンゼルスへ到着するフライトの利用が必須。

例えば、全日空ANA6便 成田(東京)17:00発-ロサンゼルス11:00着みたいな便ですね。

日本航空JL7016便 羽田(東京)11:55発-ロサンゼルス6:00着だとよりゆっくりできます。

旅のしおり

今回は全日空ANA6便、午前11時ロサンゼルス着のフライトでスケジュールを組んでみます。

【1日目】

11:00ロサンゼルス国際空港着
12:00イミグレーション通過
12:30ベニスビーチ散策&観光
13:30アボットキニーでショッピング、写真撮影、ランチ
16:00サンタモニカ・ピア、サードプロムナードでショッピング
19:00ビーチからの夕陽を楽しんだ後ディナー
20:30余力があればバー、ルーフトップバーで夜遊び
効率よく観光するために移動はUberを利用してください

【2日目】

9:00ビバリーヒルズ散策
11:00メルローズでショッピング、ウォールアート撮影
13:00ラ・ブレアの”The Grove”でお買い物
16:00ハリウッドサイン撮影、お土産購入
19:00ダウンタウンでディナー、夜遊び

11:00 ロサンゼルス国際空港に到着

エスカレーターを降りて入国審査へ。

入国審査はいつも多くの人で混雑しています。

通過までに1時間はみておきましょう。

『NEXT』と審査官に呼ばれるまで待ちます。

通過後は荷物をとり、空港から出ます。

12:30 ベニスビーチ散策

ベニスビーチの行くべき観光スポットはこちらでチェック!

13:30 アボットキニーでショッピング

セレクトショップ、雑貨屋さんが軒を連ねるおしゃれ通り。

インスタ映えするウォールアートで写真撮影も忘れずに。

アボットキニーにはかわいいカフェがたくさんあるので、ランチはここで済ませちゃいましょ。

16:00 サンタモニカ・ピア散策、サードプロムナードでお買い物

サンタモニカ・ピアにあるルート66サインと記念撮影はマスト!

サードプロムナードでお買い物を満喫。

人気アメリカブランドはこの通りで揃いますよ。

17:00 サンタモニカの夕陽、ディナー

サンタモニカ、ベニスビーチどこからでもきれいな夕陽が見れます。

真っ赤に染まる夕陽は感動もの。

是非、みてください。

ビーチ近くのOcean Aveには雰囲気のいいレストランがたくさん。

シーフード、メキシカン、創作料理、お寿司など選びたい放題。

夕食をさくっと済ませるなら、サンタモニカプレイスのフードコートもアリ。

悶絶級に美味しいロブスターを食べるなら”The Lobster”

The Lobsterの店舗詳細はこちらのブログでチェック↓

疲れていなければ、バーでサンタモニカのナイトライフを楽しみましょう。

ルーフトップバーから見るビーチをつまみにワインなんてのも素敵。

【2日目】

9:00 ビバリーヒルズ散策

観光スポットのロデオ・ドライブにある噴水は、いつも混雑しています。

朝9時くらいにいけば観光客が少なく、ゆっくり写真撮影が可能。

高級ブランド好きならショッピングもいいですね。

ほとんどのお店が10:00からオープン(日曜は11:00が多い)

11:00 メルローズで買い物、古着屋めぐり、ウォールアート撮影

メルローズは高級アパレルブランド、セレクトショップに加え古着屋さんも多く立ち並ぶ通りです。

ウォールアート撮影も必須!

13:00 The Groveでショッピング&ランチ

サンタモニカやビバリーヒルズにはないショップといばTOP SHOP

厳密に言うとTOP SHOPはサンタモニカにあります。

ただNordstromの中で小さく取り扱われているのに対し、The Grove店はかなり大きい。

かわいいモールはショッピングをしなくても歩くだけで十分楽しめるので是非立ち寄ってみてください。

同じ敷地内にあるファーマーズマーケットの屋台でランチがおすすめ。

16:00 ハリウッドへ

ハリウッドの大通りHollywood Blvdを歩けば星形がずらり。

ハリウッド&ハイランドからHollywoodサインを見て

ハリウッドぽいグッズを買う。

これでハリウッドは満喫。

19:00 ダウンタウンでディナー、夜遊び

ダウンタウンにも観光スポットがあります。

もし時間がなければナイトライフを楽しむだけでもいいかと思います。

もしくはダウンタウンおすすめ観光スポットの中から、興味のあるところだけ行ってみるとか。

わたしイチオシのレストラン、バーはこちらからどうぞ。

夜遊びをグリフィス天文台に変えるのもアリ。

【最終日】

フライトまでに時間があるようなら再度行きたいところか、まわりきれなかったスポットに行ってみましょう。

ロサンゼルス空港へは出発2時間前に到着で大丈夫です。

3泊4日のモデルコース

Westfield Century City

基本的には2泊3日のモデルコースで紹介したところを、もっとゆっくりみてまわる感じですね。

初日ベニスビーチ、サンタモニカ、2日目ビバリーヒルズ、ハリウッド、ラ・ブレア、3日目ダウンタウン+行き逃したところ、こんな感じで急がずLA観光を満喫できます。

4泊5日のモデルコース

マンハッタンビーチ

3泊4日のモデルコースみたいに、ロサンゼルス観光に3日、テーマパーク好きなら残りの1日をユニバーサルスタジオやディズニーランドに使うといいですね。

テーマパークの代わりにレンタカーを借りてマンハッタンビーチ、ハモサビーチ、マリブやオレンジカウンティのほうへ足をのばしてみるのもアリ。

ロサンゼルスにはビーチがたくさんあって、街並みもそれぞれ違った雰囲気。

ビーチ巡りしてみるのも楽しい。

ちなみにおしゃれなセレクトショップやレストランが集まっているのは、ロサンゼルス空港の南側マンハッタンビーチ。

それかインスタ映えスポットで大人気のサルベーションマウンテンも1日あれば行けちゃいますね。

いずれにせよ郊外へ行く場合はレンタカーが必要になります。

1週間のモデルコース

ロサンゼルス観光に3日、2日間はテーマパーク、もう1日はロサンゼルス郊外。

もしくはLA観光をしたあと、残り3日でラスベガス+グランドキャニオンの組み合わせもできます。

ラスベガス

カリフォルニアの隣アリゾナ州にあるパワースポット、セドナで大地のエナジーを感じる旅も素敵。

セドナ

ヨセミテ、セコイヤ、デスバレーなど国立公園もアリ!

ヨセミテ国立公園

そうだ!サンフランシスコもいけますね。

サンフランシスコ

などなど1週間あればロサンゼルス観光+自然やその他エリアと組み合わせは自由自在!

LA観光に便利!荷物預かりサービス

これまで提案したモデルコースに1つだけ気になる点が。

それは手荷物どうするんだ?ってこと。

例えばホテルのチェックインって15時、16時とかちょっと遅め。

早めにチェックインできるところもあると思いますが、それでも早朝は難しいはず。

スーツケースをもったまま観光は辛い。

ましてや2泊3日の観光なら1分でも無駄な時間は省きたいですよね。

そんなあなたにもってこいなのが荷物預かりサービス。

すみません、わたしは利用したことがないのでサイトの情報のみとなってしまいますが載せておきますね。

ちなみにロサンゼルスの街中にはコインロッカーがないので、荷物を預かってくれるのは便利。

最大$5000の補償つき:Vertoe

世界50都市、600か所と提携があるVertoe

サンタモニカ周辺で探してみたところ、ベニスビーチに預かり店がありました。

予約確定後に預かり店の住所が送られてくるかと思いますが、おそらくギフトショップなど一般の店舗で預かりをするような気がします。

費用は1日あたり$6.95/1荷物あたり。

この店舗は7:00-22:00まで預かってくれるそう。

1日単位で費用が変わるので、1時間預かろうが5時間だろうが同日内であれば一律$6.95でした。

安全性は?

Vertoe運営者が事前に店舗周辺の治安確認と、問題なくサービスを提供できるかテストを行い、審査に通過した店舗のみ提携しているそう。

さらに予約毎に最大$5000の補償をつけてくれます。

支払い方法

クレジットカードにて事前払いになります。

支払い完了後、登録携帯番号に予約確認メールが送られてくる仕組み。

その他情報

預かり期限は?

預かり先店舗に空きがあればいつまででもOK

荷物預かり個数制限は?

預かり店舗に空きがあれば何個でもOK

キャンセルしたら返金される?

チェックイン時間より前にキャンセルをすれば全額返金

アプリはこちら↓

店舗数の多い:Stasher

世界25都市、1000以上の提携店があるStasher

Vertoeの主な提携先はアメリカで、あとはロンドン、パリのみ。

それに対しStasherは上記に加えローマ、バルセロナ、シドニー、アムステルダムにも提携店がありワールドワイド。

利用者のレビューも4.8/5.0(19113レビュー中)と高評価。

Vertoe同様サンタモニカ周辺で提携店を検索したところ同じくベニスビーチに発見!

調べたところ預かり店のJay’s Rentalsは自転車、サーフボード、ローラーブレードなどを扱う店舗でした。

費用は1日あたり$8/1荷物あたり。

Vertoeの方が安い。

ここも営業時間内であれば何時間預けても1日あたりの費用は一律。

安全性は?

Vertoe同様、事前にStasherによる治安確認を行い、サービスチェックの審査を通過した店舗が登録しています。

補償は1荷物につき£1000まで。

支払い方法

サインイン後、クレジットカード払い。

支払い完了後、予約確認書がEメールに送られます。

その他情報

預かり期限は?

提携店に空きがあれば何日でもOK

荷物預かり制限は?

提携店に空きがあれば何個でもOK、サイズ制限もなし

キャンセルしたら返金される?

チェックイン時間までにウェブサイトからキャンセル申請することで返金されます

当日何か持参するものはある?

予約がわかるもの(電話番号OK)、顔写真つき証明書のコピー

アプリはこちら↓

おまとめ

せっかくカリフォルニアに来るんだったら、ロサンゼルスの街だけでなく他の自然も堪能してほしいところ。

ってなわけで、わたしのおすすめは1週間旅行にとることです。

効率よく観光するためのおすすめ滞在エリアはここ↓

その他、観光に必要そうな情報を集めましたので参考にしてみてください。

チップの相場と支払い方法

ロサンゼルス旅行、費用いくらかかるの?

ロサンゼルスの気候と観光ベストシーズン

わからないことなど何かあれば『おたずね箱』からメッセージをお願いします。

目次
閉じる