ビックリ仰天!アメリカあるある常識11選【生活編】

ここではわたしが渡米直後から滞在1年目くらいのときに知り、驚いたことをまとめていきます。

今回ピックアップするのはほんの一部。

ビックリポイントはもっとあるから、生活編はシリーズ化していく予定(笑)

本当ねこんなの日本じゃありえない!みたいなことたくさんあるんですわ。

では早速本題に入ります。

目次

郵便物は放置

うちのアパートは、基本管理人ルームで郵便物を保管してくれるけど、たまに玄関前にポンっと置き去りにされることも。

オンラインでオーダーした高価な服がうまく受け取れず、盗まれちゃった留学生もチラホラいるし、おっかないったらありゃしない。

簡単に持ち運びできるお高いモノは郵送やめましょ。

時間に適当

時間通りにきっちり営業するところばかりじゃない。

オープン時刻になっても開かない、閉店時間より早く閉まったり。

小売店とかそんなイメージ。

バスが時間通りに来ないもそうだけどさ、アメリカはマジで適当なこと多いのです(汗)

少額でもカード払い

コーヒー1杯とか数ドルでもクレジットカード払いするのが一般的なアメリカ。

中にはクレカは$10以上のお買い物から、なんて縛りのあるお店もあるけど、ほぼどこでもカードが使えちゃう。

日本じゃカードが使えない場所はまだまだあるってのにね。

アメリカではキャッシュレスが普通でございます。

何の自慢にもならんけど、わたしなんて財布に現金が入っていないことザラですわよ。

銀行口座維持費

大抵どこの銀行でもあるのが口座維持費システム。

一定の条件を満たさないと毎月一定額が口座から引き落とされます。

銀行や口座の種類にもよるけど月額$12くらいとか。

その条件ってのも銀行により様々。

例えばBank of Americaは、下記1つでも満たしていれば維持費回避できます。

  • 口座に$1,500以上の預金(Savingは$800)
  • 毎月$250以上の振り込みがある
  • Bank of America’s Preferred Rewards programに入会

25歳未満であれば免除とかあるので、詳しくは各銀行のウェブサイトをチェックしてみよう。

小切手が使われる

お金関係でもう1つ。

日本ではあまり馴染みのない小切手(チェック)

アメリカでは家賃、学費、お給料など各種支払いにチェックを使うことがあります。

ちなみに私の家のアパートも家賃の支払いは小切手。

ルームシェアを考えている人は渡米後に銀行口座を開設し、チェックをオーダーしておくといいかも。

キャッシュディスカウント

もちろん全てのお店が対応してるわけじゃないけど、小売店なんかは現金で払うと消費税分をディスカウントしてくれるところも。

キャッシュだと何かと都合いいことがあるのでしょう。

まとめて購入する際も、ダメ元で値引きしてくれるか聞いてみるのもアリ。

大手量販店とかはハードルが高いだろうけど。

携帯使用料が安い

通話、テキスト、データすべて無制限で月額$50のSIMプランがあります。

どのプランでも通話、番号同士でやりとりするテキスト使い放題が主流。

加えデータも無制限で2年契約とか縛りもナシ。

それでこんなに安いなんて驚きモモノキ。

日本だと1万円とかさっくり超えるよね…。

日本車は値崩れしにくい

車屋さんのお友達が口を酸っぱくして言っていたこと。

「ロサンゼルスで車を買うなら日本車にしときなよ、値崩れしにくいし、ボロ車でも値段がつくから」

車社会のロサンゼルス。

長期滞在するなら車がないと不便で。

かと言って、そこまで長く滞在しない留学生だと新車購入はちょっともったいない。

でもご安心を。

アメリカでは中古車なら簡単に買えちゃうのよね。

ちなみにLAでのマイカーデビューはホンダアコード。

当時で7年落ちくらい、15万マイル走った車を$5,500で購入。

15万マイルて!!!!

わたしの感覚だと、日本じゃさ走行距離10万キロ超えだともう走り倒した感じよ。

でもロサンゼルスだと10万マイルなんてまだまだ余裕!

特に壊れにくいと言われている日本車ならもっと走るよってな感じ。

だから15万マイルの車でも売り物になるんだよね~。

ちなみにアコード君は1年半で17万マイル走り、$2,000ちょいで売れました!

当然これに上乗せしてまた売られるんだよね??

こんな車でも値段がつくことにビックリ!

ちなみに2台目に購入したBMWは走行距離10マイル以下だったけど$2,000でしか売れなかったし。

さすが日本車はリセールバリューが高い。

高速道路は無料

高速道路のようなフリーウェイは、一部を除いて基本無料なんです!

もちろん時間はかかるけど、ロサンゼルスからニューヨークまでだってガソリン代だけでいけちゃうよ(笑)

これに慣れると日本の高速道路がものすごく高く感じるわ…。

とほほ。

ちなみにアメリカは右側通行。

日本とは逆なのでご注意。

路駐できるすばらしさ

その辺の通りや家の前とか、無料で路上駐車できるスポットわりとたくさんあります。

中には”この時間帯は路駐NG”とかサインがあるので、そこは要チェック。

日本だと特に街中で路駐ってほぼ無理じゃない?

ルームシェア

日本にもあるけど普及率でいうと、まだアメリカには及ばないルームシェア。

こちらでは学生、社会人に限らずルームシェアは一般的。

わたしも結婚するまではずっとルームシェアをしておりましたわん。

家賃をおさえらえるし、プライベートバスつきのお部屋を選べば快適。

家具付き物件もあるから、帰国時処分する手間も省けちゃう。

ただし詐欺も多いので注意が必要。

ルームシェアの注意点をまとめたので参考にしてみてください。

おまとめ

アメリカあるある生活編11選でした。

他ジャンル別あるあるもご覧ください~。

わからないことなど何かあれば『おたずね箱』からメッセージをお願いします。

目次
閉じる