アメリカ留学生必見!銀行口座の開設方法、必要書類と注意点

アメリカ留学生活で銀行口座はあったほうがいいと思いますか?

Student

うーん、日本から送金してもらうのに必要ですかね?

Reiko

結論から言うと、留学期間によるかな

そうなんです、ぶっちゃけ4~8週間とか短期留学なら銀行口座は不要。

12~24週間なら生活スタイルによるし、1年以上の長期滞在ならあったほうが何かとスムーズです。

ここでは銀行口座の開設方法と必要書類、注意事項などを紹介していきます。

どの銀行がいいかもわたし視点ですが書いていきますね。

では、まずどんなシチュエーションで銀行口座が必要になるのかみていきましょう。

目次

銀行口座が必要になるときは?

冒頭で短期留学なら銀行口座はいらないと書きました。

ではなぜ長期滞在だと口座があったほうがいいのでしょうか?

その理由を挙げてみます。

  • まとまった支払いに小切手が使える
  • ATM手数料をさけられる
  • 日本から送金してもらえる

詳しく解説していきます。

まとまった支払いをするとき

アメリカではチェックと呼ばれている小切手。

日本では馴染みがないし、使う場面もそうないかと思います。

現に30年間日本で生活してきて、わたしは1度も小切手を手にしたことがなかったですしね…。

なんですけど、アメリカでは使う機会がちょくちょくあります。

ルームシェア、アパート

ルームシェアって個人間契約がほとんどで、家賃を家主もしくはルームメイトに直接支払います。

その際、現金、Venmo、もしくは小切手が主流。

毎度現金で払うでもいいですが、その度まとまったお金を引き出し、持ち歩くにはリスクが高いかなと。

そんなときチェックがあればその場で書いて、家主やルームメイトに渡すことができます。

支払者が金額とサインを小切手に記入した時点で、お金と同じ効力をもちますから、まとまった現金を持ち歩く必要なんてなナシ。

受けとり側が入金する前であれば、そのチェックを無効にすることも可能。

1人暮らし用アパートだとクレジットカード支払いがOKなところもありますが、うちのアパートはチェックのみ(汗)

そういったアパートもあるんですよねぇ。

学費

学費の支払いにチェックを使ったりします。

短期なら語学学校の授業料を渡米前に一括で支払いますが、1年以上の長期留学だと転校する可能性だってあるし、現地での支払いが必要になるときがきっとあります。

クレジットカードでも支払えますが、カード会社によっては海外での不正利用防止のため、高額決済がされると自動的にロックをかけることも。

そうなればカード会社に連絡をしロック解除をしてもらわないとです。

けっこう面倒ですよね…。

返金を受け取る

あと考えられるのは、申し込んだ語学学校から転校し授業料の返金があった際、その授業料は小切手で返金されるパターンがほとんど。

現地に銀行口座がなくても換金はできますが、手数料はとられます。

その額$10未満~$15くらいと様々。

ちょっともったない(涙)

やっぱり何があるかわからないアメリカ。

キャッシュを多く持ち歩くのはやめましょう。

現地でまとまった支払いがありそうな人は口座開設をし、チェックを購入しておくと便利ですよ。

ちなみにVenmoですが、登録者同士なら携帯で送金できるアプリ。

ランチ代を立て替えてくれた友人に、Venmoでさっくり送金なんてのもできます。

初期設定時に銀行口座を登録するので、お互いの銀行口座情報を教え合う必要はありません。

気軽に送金や受け取りができる便利アプリで、わたしもよく使っています。

ATM手数料を避けたい

現地でドルを引き出せるキャッシュパスポートや、ビットカードを持参してくる留学生は多いです。

わりとどこのATMでも引き出せるので便利なんですけど、1日15万円の外貨相当額までとか限度があったり。

またその時の為替レートで換算されるので、円安のときだと損した気分になりますよね。

でもって引き出し時に手数料数ドルがかかります。

ATMの1日の引き出し限度額は$800~$1,000なので、ほしい金額によっては手数料がかさむ可能性も。

ですが口座開設をした銀行のATMを使うのであれば、引き出し手数料は無料。

日本円の送金に使う

短期留学なら、あらかじめまとまったお金をキャッシュパスポートに入れておいたり、クレジットカードを使うことで生活はできます。

ですが長期留学になると、日本円の送金が必要になる時期がいつか来るでしょう。

車購入、アパート、学費の支払いなどなど。

そんなとき、やっぱりあると便利なのが現地銀行口座なんですよね。

懸念される海外送金手数料もワイズ(旧トランスファーワイズ)を使えば、通常より低い料金で送金が可能。

そんなこんなで短期留学なら口座がなくても何とかしのげるけど、長期留学ならあったほうが何かと便利!

銀行口座開設方法

各銀行には窓口とは別に、口座開設やその他相談ができるデスクがあります。

そこで口座開設をしましょう。

窓口は入金や引き出しなど、お金のやりとりに使用する場所ですね。


予約がなくても当日行って口座開設ができすが、待ち時間が長くなることも。

ここは事前にアポイントを入れておくといいですね。

ということで、予約の取り方をBank of Americaのサイトを使って説明していきます。

口座開設の予約方法

STEP

Checking and Savingsをクリック

STEP
Open a new accountをクリックしてNext
STEP
予約方法を選択

住所から近くの銀行を検索しネット予約ならAt a nearby financial center

電話で予約をとるならOver the phone

ここではネット予約の仕方を紹介

STEP
ZIPコード(郵便番号を入力)

Los Angeles、Californiaなどでも検索できますが、より現在地から近い場所で絞るならZIPコードを入れましょう

STEP
好きなロケーションを選択

Select this locationで選択をします

”Would you like to meet with a specific banker?”と出ますので、希望担当者がいなければNOをピック

STEP
日時を選択

日にちを指定すると次に時間選択できますので、これも選んでNextへ

STEP
アカウントがなければContinue without singing in

アカウント作成なしのまま続けると、 Individual Customer or Business Customerが選べるのでIndividualを選択

STEP
氏名、生年月日を入力
STEP
住所を入力
STEP
Emailアドレス、電話番号を入力

テキストで予約のリマインドをしてほしい場合、Text messageにチェックを入れます

STEP
予約内容の確認

予約内容に間違いがなければSchedule Appointmentをクリックして予約完了

入力作業が多少面倒かもしれませんが、1つずつ確認しながら進めるので電話より間違いがなくていいかも。

必要書類

留学生の場合、口座開設に必要なモノは下記となります。

  • パスポート
  • I-20
  • $100現金

銀行によっては運転免許証や学生IDカードといった第2の身分証の提出を求められますが、Bank of Americaはこの3点でOK

口座開設をした際に仮のキャッシュカードがもらえますので、その足でATMで$100をデポジットするよう言われます。

ミニマムデポジットの額は銀行によりますがBank of Americaは$100

銀行口座開設の注意点

いくつか知っておくべきことがありますので、まとめてみました。

  • 一定条件を満たさないと口座維持費がかかる
  • アメリカ国内で口座をとじること
  • チェックは購入するもの

口座維持費について

銀行によって条件は変わりますが、たとえばBank of Americaなら23歳以上の人は、チェッキング口座に最低$1,500を入れていかないと、口座維維持費として毎月$12引かれます。

Saving口座の場合は最低$500を入れておかないと、毎月$8引かれます。

いわゆる普通口座がChecking Accountなので、Checkingだけ開設でも問題ありません。

わたしは普段使いにChecking、Savingは貯蓄用として用途をわけています。

他の方法として、お給料の支払いなど毎月$250以上の入金があれば、口座維持費が無料となりますが、例外を除いて留学生は働けませんのでこれは飛ばします。

アメリカ国内で口座を閉じる

口座を閉じずに完全帰国してしまう留学生が多くいます。

そのせいで口座維持費を引かれている…なんてことがありますので、帰国前に必ず口座を閉じるようにしてください。

チェックは購入するもの

親切なバンカーさんなら口座開設時に無料で5枚くらいチェックをくれたりします。

でもこれはどこの銀行でも行っているわけではなく、チェックは購入するのが基本。

開設時に小切手が欲しいと伝えるか、アプリからも手続き可能。

後日指定の住所に郵送されます。

どこの銀行がいいのか?

支店数、ATM数が多いのでわたしはBank of Americaを使っていますが、渡米して一番最初に開けたのはCiti Bankです。

2つ使ってみたけど、どっちでもいいかなって感じ。

ただ郊外に行くとCitiが全然ないなんてこともあったので、どこにでもあるBank of Americaは使い勝手がいいですね。

メジャーどころの銀行を集めたので、参考にしてみてください。

Bank of AmericaUnion BankCiti BankWells FargoChase
特徴アメリカ最大の銀行で支店数も多い三菱UFJ銀行で口座開設や閉じることができる
日本語サポートあり
日本のCitiは撤退アメリカで一番古い銀行で西海外を中心に展開クレジットカードが人気
口座維持費回避23歳以下
$1,500以上の預金
$1,500以上の預金62歳以上
$1,500以上の預金
$500以上の預金$1,500以上の預金
口座維持費$12$10$12$10 $12
開設時に必要な金額$100$100$0$25$25
現地で就労しない場合

おまとめ

本カードが郵送されてきたら、ATMで取引をするか、電話でアクティベートをしましょう。

アクティベートが完了すると仮カードは使えなくなります。

キャッシュカードにデビット機能がついているので、現金を持ち歩かなくて済みますよ。

わたしは普段現金をもっていないことが多く、いつも携帯と小さなお財布にカードを数枚入れて外出しています。

日本で現金を持たずに外に出たら焦るだろうな…。

それだけアメリカはカードを使うのが一般的ってことですね。

銀行口座開設以外にやるべきことはこちら↓

わからないことなど何かあれば『おたずね箱』からメッセージをお願いします。

目次
閉じる