やっぱり危険なスキッドロウ!ヒヤヒヤ体験しました。

ロサンゼルスで行くなと言われているエリアの1つSkid Rowスキッド・ロウ。

ウィキペディアによるとスキッド・ロウは”路上生活者や薬物中毒者が多く、貧困層やマフィアによる殺人・強盗・強姦・薬物売買などの犯罪多発地区である”らしい。

恐いわ!!

なんて言いながらね、わたしゃスキッド・ロウと目と鼻の先に住んでおるんです。

車なら一瞬、歩いてでもいけるくらいご近所さんなの。

だからね、外に出れば奇声を発している人なんてその辺にいるし、道端でゴロンしてる人の横を歩くのも日常なわけで。

そういえば一時「ハレルーヤ!!!」ってひたすら大声で叫び、練り歩いているおじさんいたな。

ハレルヤおじさん最近みないけど、元気してるかしら。

ところで治安悪そうなところに住む理由って、もしや家賃激安だからとか???

いえいえ、家賃…全然安くないす。

なんなら周りには億ションもたくさんあるくらい、家賃高い場所ですわよ。

少しストリートが変わるだけでガラリと変わるのがダウンタウン・ロサンゼルス。

なんだかんだ言って、この汚れた雰囲気が好きなんだろね。

決してわたしゃ、変態じゃーございません。

東京時代、歌舞伎町からすぐ近くの所に住んでたけど、なんていうのかな、光と闇を感じるというか…少しだけダウンタウンと歌舞伎町が重なる部分があって。

華やかで煌びやかな歓楽街、歌舞伎町。

かたや高架下で生活をする人達。

この落差具合が、ダウンタウンと似てるんだよな。

グレーで澱んだ人間模様が交差するDTLAに、生きる活力を見出してるわたし。

なんて言ったら、やっぱり変な奴と思われるか(笑)

まぁ、いいや。

おっと、話が逸れそう。

本題はというと、今日ちょっくらスキッド・ロウを通ってみたんですわ。

お買い物ついでに。

いつもは殿様が運転で、わたしは助手席に座ってるだけだから気づかなかったけどさ、スキッド・ロウの中を運転するのホント危険!

いや、行くこと自体危ないから絶対やめてねって感じなんだけど。

何が起こったかというと、歩行者側が赤でもおかまいなしに横断歩道を渡るし、なんなら車道だって平気で横切るのよ。

極めつけは道の真ん中で止まって、動こうとしない人までいたりさ(汗)

え?なに!?ここ歩行者天国だっけ??

目がイッちゃてる半裸星人もウヨウヨしてるし、まるでバイオハザードの世界。

車内で撮ったから画像微妙だけど、本日のスキッド・ロウでお別れしましょう~。

いまいちヤバい感が伝わらず残念。

Booking.com

スペシャル特典!特別割引のあるホテルも

日本円、ドルなど通貨変換も可能!

お得に泊まるならBooking.comがおすすめ

わからないことなど何かあれば『おたずね箱』からメッセージをお願いします。

目次
閉じる