アメリカホームステイ、ハズレてしまったときの対処法

ホームステイなんてハズレばかりで失敗するし、いいことなんて何もない。

ネットで”ホームステイ”と検索したら、いろんな人達の経験談が出てくるけど、どれもまぁ酷い。

でもそれは書いている人の体験談であって、めちゃ狭い意見でしかないよね?

じゃあ、ホントのとこホームステイってどうなのか気になりません!?

結論を先に言うと…

確かに嫌な思いをした人もいる。

期待以下だったと感じた人もいるだろう。

でも実際は「素敵なホストを紹介してくれてありがとう」と満足してもらうことの方が多い。

現に延長する人が後を絶たないから。

嫌なホストならそもそも延長なんてしないよね。

年間数百件ものホームステイをアレンジしているわたし。

これまで少なからずホームステイ先の変更をお願いされたことはあります。

変えたい=ホスト宅が気に入らないわけで、この人達にとってそのホストはハズレにあたる。

では、どういう理由でチェンジしたいと言われたのか?

今回はこのあたりを掘り下げていきます。

ホームステイに興味がある人は是非読みすすめてみてください。

目次

ホームステイがハズレと思う理由と対処法

これまで受けたホスト変更希望の理由を挙げていきます。

門限がある

大体どこのお宅も門限はあります。

その時間はホストにより様々。

23時のところがあれば25時のところも。

対処法

月に1,2回遅くなる程度ならホストへ前もって伝えておけばOKしてくれるお宅もあります。

ポイントはいつ、どのくらい遅くなるのかをきちんということ。

そもそも門限がないお宅がいいなら、事前にエージェントに門限なしのホストをリクエストしましょう。

もしくはそもそもホームステイではなく、ハウスルールの少ない寮やルームシェアの方が合っているかも。

ご飯が合わない、手抜き

ロサンゼルスは多種多様な人種が暮らしているだけあって、アメリカ人ホストでもそのルーツは様々。

日本人には馴染みのない料理を提供されることもあるでしょう。

こればかりは仕方ないのですよ…(涙)

中には出されるご飯がヘルシーすぎて、もっとジャンクなものが食べたいという方もいましたね。

食の好みは千差万別。

1つ覚悟しておくべきは、アメリカホームステイでご飯は期待しちゃいけないってこと。

お肉、ご飯、野菜などボン!とワンプレート盛られるのが主流。

味付けも塩、こしょうのみ、もしくはBBQソースみたいに大味とかそんなです。

でもこれホストも食べているお料理なのです。

決して手抜きなわけではなく、これが彼等のスタイル。

対処法

残念ながらご飯は質素なものと思ったほうがいいです。

ただホストと生徒の食べているモノが明らか違い、生徒のほうがしょぼい場合はエージェントに相談しましょう。

節水問題

年間降水量がかなり少ないロサンゼルスでは、節水を心がけているお宅がほとんど。

そのためシャワーは1日1回、時間は5-10分にしてと言われるのはごく普通。

夜遅くなったらシャワーは浴びないでというルールも一般的。

対処法

シャワー時間5-10分というのはお湯を出している時間を指していることが多いので、例えば体を洗っている間などはお湯を止めるなど工夫してあげるといいですね。

思う存分好きなときに好きなだけシャワーを浴びたいなら、ホームステイを避けた方が無難。

備品消費に厳しい

「トイレットペーパーを使いすぎだと怒られたんですけど、私そんなに使ってません」と報告をもらったことがあります。

話を聞くと1日に2ロール使ったらしく…(汗)

わたしがホストでもそんな日が続いたら注意しますけどね。

対処法

使い過ぎと感じるレベルは人それぞれですが、いっぱい使ったかも?と感じたら補充してあげるといいですよ。

ルームメイトがたくさん使ったのを自分のせいにされたら「私じゃないよ!」とホストに伝えましょう。

就寝時間が早い

小さなお子さんがいるお宅では特に就寝時間が早い傾向にあります。

単に節電という意味で就寝時間を決めているお宅も。

対処法

深夜まで勉強をしたい場合は、ソーラー電気を購入するなど電力節約を心がけるとトラブルになりにくいです。

文句を言われた

ホストも人間です。

いつもニコニコお人好しなんてことありません。

きっと何か気に食わないことがあるのでしょう。

対処法

もし文句を言われたらその原因は何なのかホストに聞いてみましょう。直せることなら改善したほうがいいし、ホストの勘違いなら違うよとはっきり伝えるべき。

でも双方から話を聞くと、ホストは文句を言っていないし、意思疎通がはかれていなかっただけ、なんてことあります。

日頃からコミュニケーションをとる努力は必要。

ルームメイトがうるさい

ルームメイトは夜遅くまで騒がしくしていて、寝れないと報告を受けたことがあります。

これはホストが云々も問題ではありませんが、こんなときの対処法は…

対処法

ルームメイトに静かにしてと言う。直らなければホストに報告。それでも改善されないならエージェントに相談、場合によってはホスト変更をしてもらいましょう。

おまとめ

変更理由の多くは文化やライフスタイルの違いによるものが圧倒的。

要は合う、合わないの話。

なのでホームステイ自体がハズレとは限りませんが、もし何か危害を加えられたなど身の危険を感じることがあれば、すぐにエージェントに相談するようにしましょう。

せっかくホームステイをするなら快適に過ごしたい…そんな方はこちらをどうぞ。

わからないことなど何かあれば『おたずね箱』からメッセージをお願いします。

目次
閉じる