海外アメリカ移住のメリット、デメリット

アメリカに移住してみたい!

でも実際アメリカに住むと不便なことって何かあるのかな…?

気になるところですよね。

コロナの影響もあり、わたしたちの働きかたは大きく変わってきています。

オフィスに行く必要もなく、インターネットがあればどこでも仕事ができるいま。

さらに個人のスキルを活かして会社に縛られることなく自由な働き方を選んだ人も多いはず。

『ちょっとアメリカに住んでみるわ』

簡単にできちゃう時代ですよね。

実際、プチ移住する人もいますし。

とにかく!アメリカ移住に興味があるけど実際住んでみたらどうなの??

このあたりをアメリカ歴7年のわたしが感じる

アメリカ移住をしてよかったこと(メリット)、後悔したこと(デメリット)を書いていこうと思います。

目次

アメリカ移住は難しいのか?

結論からいいます。

短期間のアメリカ移住は簡単です。

短期間というのは『ESTA適用範囲である期間90日以下の滞在』のことですね。

ESTAはオンラインでさっくり申請ができる優れもの。

90日を超える長期間や永住の場合、それにあったビザが必要なわけですが、なんせビザ取得が難しい。

比較的取得しやすかった学生ビザ(F1 VISA)も年々却下率が上がっています。

ビザについて

ビザの種類もいろいろ。

とにかく有効なビザをもって無事アメリカに入国することが重要。

状況に応じて取得しやすそうなビザを申請するといいと思います。

ざっくりとしたビザの種類はこんな感じ。

学生ビザ通う学校、年齢、職歴、渡航歴回数、銀行残高証明の金額により却下率が変わる。現地で働けない。
インターンビザワーキングホリデーのように就労可能。期間は最大18か月。
永住権毎年グリーンカード(永住権)の抽選が秋ごろに行われます。オンラインで申し込み(無料)
配偶者、婚約者アメリカ人か永住権をもっている人と結婚、婚約。偽装結婚かどうか確かめるため書類提出が多い。
アーティストビザ科学、芸術、教育、ビジネス、スポーツ、テレビ、映画業界など特殊技能をもつ人へのビザ
貿易、投資家ビザビジネスを目的としたビザ
就労ビザ現地企業に雇用先がある人へのビザ
※メジャーどころのビザのみピックアップ

学生ビザ、グリーンカード抽選申し込みは個人でできます。

インターンは受け入れ先企業を探す必要があるので、専門のエージェントに相談。

配偶者、婚約者ビザも個人で申請可能ですがとにかく書類提出が多いのでエージェントに相談もあり。

その他のビザは弁護士に相談してみましょう。

20代後半以降で学生ビザ申請を考えている人はエージェントに相談することをおすすめします。却下率が上がるので

アメリカ移住のメリット

アメリカに住んでよかったな~と思うことを私視点で書いていきますね。

ふーんと思いながら読んでもらえると助かります。

自由な生活ができる

アメリカで働いてみて感じるのは

『ゆるーく働ける』ということ。

やることさえキチンとこなしていればOKみたいな。

『日本から友人が来るのでちょくら空港に迎えに行ってきやす』

こんなことが勤務中ふつうに言えてしまう。

日本でもOKな会社があるかもしれません。

でも、わたしが働いていた会社では勤務中に個人的な用事を済ませるのってさぼってる感満載、恐れ多くてできなかったな。

早く帰って家から仕事をしてもいいし、自分のペースで働けるところは自由を感じます。

服装、髪の色も制限がありません(わたしの会社)

広大な景色が見れる

長ーくどこまでも伸びる1本道。グランドキャニオン、セドナなどの国立公園。

日本じゃ見ることのできない壮大な景色を堪能できます。

地球の力強さを感じ、大自然を目の前にすると

『自分の悩みなんてちっぽけだな…』そう思えますよ。

一方、ラスベガスに行けばありえないくらいド派手でギラギラした街を楽しめる。

とにかく何でもダイナミック!アメリカのスケールの大きさを体感できます。

刺激される

大都市はとくにアメリカンドリームを夢みて世界中から人が集まっています。

みんな夢を叶えるためしっかりとした目的を持ち一生懸命。

そういう人たちって何事も前向きでとにかくパワフル。

自分もがんばらないと!そんな気にさせてくれる機会が多い。

他人の目を気にせず自分らしくいられる

『みんなと一緒が当たり前』

そう教育されてきたわたしは、アメリカの自由さに驚きの連続。

個性を大切にしているアメリカ人にとって、自分がいいと思うことは年齢関係なくするのが当たり前。

「こんな服を着たら周りからどう思われるかな」

そんなことどうでもよくて、着たいものは好きに着ればいいじゃない。

これがアメリカ人の考え。

もちろん場面に応じた身なりはするけど、他人の目をきにして生きることはありません。

健康意識が高まる

キヌア、ファロ、チアシードなどスーパーフード食材がふつうに買えます。

さまざまな人種が住むアメリカには、世界中のヘルシーフードが集結!

オーガニック食材も簡単に手に入るので、健康志向の人にとっては天国です(笑)

高速道路が無料

高速道路が無料だなんてビックリすぎやしませんか?

ロサンゼルスからニューヨークだってガソリン代さえ払えばいけちゃうんですよ!

フリーウェイが無料だから気にせずドライブも行けます。

教育が違う

自主性を大切にするアメリカの教育。

学校ではディスカッションを中心に授業が行われるので、自分で考えて行動する力がつきます。

14歳の友人の娘さんはお父さんと政治の話でバトルすることだってあるそう。

わたし両親とそんな会話したことない…。

アメリカ移住のデメリット

いいことばかりじゃない…。デメリットいってみましょう。

医療費がバカ高い

いやほんとにね、ものすごく高いのですよアメリカの医療費って。

歯のかぶせモノが1本割れちゃって新しいものを作ってもらったときは約18万円。

救急センターで腹痛の検査をしたときなんて滞在5時間で約150万円請求がきました。

保険である程度カバーされたけど、もし無保険だったらおちおち病院にいけません。

国民健康保険はない

日本の医療制度は素晴らしい!!声を大にしていいます。

アメリカは国民健康保険制度はなく、民間の保険に加入するしかありません。

補償内容は加入保険により違うし、カバーされる、されないの項目もこれまた細かい。

医師の言われるままに何でも受けると、とんでもない額を請求されます。

検査を受ける前に保険適用なのかどうか確認しないと。

これもまた面倒…。

風情がない

アメリカ好きだけどさ、やっぱ風情のある温泉に入りたい。

温泉旅館にも泊まりたい。

温泉はあるんですよ。しかも天然の。

でも温泉の出るホテルの浴槽はジャグジーみたいな。

あとはだだっ広い草原に掘っただけの温泉や、山道を1時間歩くとかなんかハード。

違うんだよ!露天の岩風呂で、お酒でも拝借しながら雪見風呂とかしたいんだよー!

心が折れるかも

夢に向かってがんばってます系の人はキラキラしてますよね。

でもさ自分がうまくいってない、特にやりたいことが見つからないときにさ、まわりはキラキラ人間ばっかりだとしたら…。

『わたしは何のためにアメリカに来たんだろう…?』

なんて他人と比べて落ちこむことが1回はくるはず。

わたしは20回くらいはありますよ(笑)

叶えたい夢や目的があるならアメリカ移住って素敵だと思います。

でも特に目的もなく、ノリと勢いだけで渡米しちゃうと

わたしのように顔面パンチを何回もくらうかも(涙)

治安問題

アメリカでは絶対いってはいけないエリアがあります。

ロサンゼルス周辺だとコンプトン、イングルウッド、サウスロサンゼルス、スキッドロウ、マッカーサーパークあたり。

ギャングや麻薬中毒者、悪さしちゃう人が多いので近寄っちゃいけない場所。

またアメリカは銃社会だということを忘れてはいけません。

もろもろ加味すると、日本より安全だぞ!とは言えない…。

でもさ日本って危険エリアってないけど、いつどこで何が起こるかわからないですよね…。

それのほうがこわい。

ロサンゼルス移住のいいところ

次はロサンゼルスに絞っていいところを書いてみます。

気候がいい

これは言わなくてもわかるわ!レベルですよね。

年中過ごしやすい気候だし雨も少ない。

おバカさんになってしまいそうです。

多国籍料理が食べられる

いろんな人種が住んでいるから、その国の本格的な料理が食べられます。

韓国料理、タイ料理は安くて美味しい。

キューバ、ペルー料理とか日本じゃ見かけないものも。

お寿司、ラーメン、居酒屋さんは山ほどある。

食べ物は申し分ないとわたしは思います。

山も海もある

1時間以内でどちらにもいけます。

いや、そんなにかからないか。

ビーチでのんびりしたり、ハイキング、キャンプ場もたくさん。

しかも煌びやかなラスベガスまで車で4時間半でいけます。

おまとめ

移住を考えている人はまずは現地に足を運んで、自分にあうかどうか確かめてみるといいですね。

アメリカ生活を楽しくするために必要なことはこちら↓

環境を変えたくて海外移住をするぞ!というあなたへ。

同じ気持ちで渡米した私から1つだけ偉そうに言わせてください。

結局、自分自身の意識や行動を変えないことには、どこに住もうと同じだということ。

環境があなたを変えるのではなく、変えられるのは自分自身だけ。

過去のわたしへ言い聞かせてあげたい(笑)

わからないことなど何かあれば『おたずね箱』からメッセージをお願いします。

目次
閉じる