アメリカ定年退職年齢とその後

65歳が定年退職の日本に対し、アメリカは67歳。

昔はさ、定年退職の年齢になるって、なんかこうおじいちゃん、おばあちゃんな感があったけど、今の60代ってまだ若いよね。

実際わたしのお母さんは65?66歳くらいだけど、ピンピンしてるしバリバリ働いとるで。

何なら74歳のお父さんだって、定年退職したものの、今でもパートさんとして職についてるもんね(来週から新しい仕事がはじまるみたいだけど)

うちの殿様は定年まであと10年ちょい。

今はちゃんとした職について頑張ってるけど、定年したら何するんだろ?

日本みたいに選り好みしなければ、雇ってくれるところはあるのだろうか?

はたまた自分で何かビジネスでもするのかしらね…。

それならもう今のうちに副業でもはじめてさ、退職後も収入があるようにしたいところ。

なんて人ごとのように言ってるけど、わたしもよね。

留学エージェントを定年までするなんてことはないだろうし、そこまで雇ってくれないだろうし、何なら会社が残ってるのかさえも怪しい。

だって留学業界って下火だし、存続するとは思えん。

投資もしかり、元気なうちに備えておかないと。

「お父さんが職を変えることになった」

お母さんから連絡がきた昨日以来、そんなことをずっと考えてモヤモヤする日曜日。

わからないことなど何かあれば『おたずね箱』からメッセージをお願いします。

目次
閉じる