コスコCostco、ハーゲンダッツ事件その後

殿様が怒り倒してきた先週末、それからどうなったかというと…。

Costcoから帰ってきた後、お互い目を合わすこともなく、無言のまま殿様はバスケをしに行った。

バタンッッ!!!!

壊れるんじゃないかってくらい勢いよくドアを閉め、飛び出してった殿様。

マジで子供だよなー、おじさんのくせに。

思わず心の声がもれる。

ホントは一緒にご飯なんて食べたくないけど、たとえ喧嘩しても一緒に食事をとる、同じベッドで寝る、これが殿様ルールなんだよね。

これを破ろうものなら、さらに状況が悪化することくらい容易に想像がつく。

あぁ、作りたくないけど夜ご飯の準備するか…。

前日から仕込んでおいたカレーを冷蔵庫から出し、最後の味付けオタフクソース、ケチャップを投入。

煮込んでいる間にサラダの準備。

ー2時間後、殿様帰宅ー

ドアをあけて部屋に入ってきたのは気づいたけど、声をかけるわけでもなく。

髪は濡れ、Tシャツの色が変わるほど汗びっしょりな姿が視界に入る。

いつもならこっちに寄ってきて、その汗をわたしにつけてきたり、じゃれてくるんだけど今日はナシ。

一目散にバスルームへと向かった殿様。

ははーん、さてはまだ怒ってるのね。

でもわたしは悪くないんだもん、今回は折れないからな!

無心にカレーをぐるぐるかき回す。

「ふわぁ~いいシャワーだった~」

大きい独り言と共にバスルームから出てきたかと思えば、仕事用パソコンを眺めはじめる。

「ねぇ、ご飯もう食べるの?」

呆れ気味に聞くわたし。

そしたらチラッとこちらを見て、首だけ縦に振る殿。

くーーぅ!!!!!声くらい出せや!その態度ムカつく!

カレー、サラダ、ピクルス、グリル野菜をテーブルにセット。

ご飯が見えているはずなのに、まだパソコンから離れる様子ナシ。

いつもなら殿様がテーブルに座るまでご飯待ってるんだけど、そんなことしてやるかー!と1人サラダを食べ始める。

3分くらい経ってようやく殿様着席。

「いただきまーす!」

やたらと元気のいい掛け声。

もしや…もう怒ってないのか??

殿様の表情が気になるけど、絶対そっち見てやんないからな。

沈黙の食事が続く。

こちらをチラチラ見る殿様の視線を感じるが、ここも無視。

どうやら彼も様子が気になるみたい。

でもわたしは反応することなく、カレーを頬張る。

とうとう耐えかねたのか、凍るような空気を溶かすように

「俺がバスケしてる間ナニしてたの?」

怒ったそぶりを見せず、普段のトーンで話しかけてきた。

ほほーん、さすがに気まずくなったのか?殿様くん(笑)

僕はもう怒ってないよアピールのつもり⁉

「え、ただご飯の準備してただけ」

愛想ナシに返事。

返答してくれたことに気をよくしたのか

「もう~かわいいなぁ、レイコは♡」

そう言ってKissをしてきた。

何もかわいいことなんて言っておりませんが?

とは言わず、これが殿様なりのごめんなさいだと解釈し、ようやくわたしも普通に接することに。

「バスケはどうだったの?」

「今日はね5ゲーム、ノンストップでプレイしたんだよ~、おじさん頑張っちゃった」

「おかげでいっぱい汗かいたら、すごくスッキリしたよ!」

小学生のように無邪気に話しはじめる殿様。

今日はこのへんで許してやるか。

そうして仲直り?というか何事もなかったのように、いつも通りに戻りました。

にしてもさ、殿様は謝ることを絶対しないのよね。

わたしが「ごめんって言って」というまで謝らない。

どんなに彼に非があっても。

さすがアメリカ人。

”いいか、簡単に謝ったら負けだからな!”そう学校で教わってるだけあるわ。

目次
閉じる