コスコCostco、ハーゲンダッツ事件

たった今くだらないことで殿様と喧嘩した。

事のはじまりはさっき行ってたCostcoでのこと。

本題に入る前に少し話を戻すが、殿様はコスコ大好き人間。

暇さえあればCostcoに行きたがるから、 月3,4回と頻繁に足を運んでいるほど。

大したて目新しいものがないのに、何度も行きたがる殿様の心理がナゾ。

しかも行くたび買う予定もないテレビ、コーヒーメーカー、お鍋、掃除機を一通りチェック。

これが長いんだわ。

ねぇ、それ先週も見てたよね?でも買う予定ないじゃん?だったらどうしてまた見てるの?

毎回疑問に思う。

ただでさえCostcoはいつも人が多いから、わたしとしては長居したくないわけで。

「今日は必要なモノだけ買ったらサッサと出ようね」

向かう道中から気乗りしなかったわたしは若干イライラ。

店内に入るや、さっきの言葉が響いたのか脇目を振らずに一目散にワインコーナーへ進む殿様。

欲しいワインを手に取り、お次は最近2人してハマっているキャロットジュースを探しに足早にカートをおす。

ワインとジュース、欲しいものは揃った。

「これで欲しいものは買ったからレジに行こう」

珍しく殿様テキパキしてるじゃないの~♡なんて思っていると

「あ、あのハーゲンダッツ食べたいからとってきて」

そうしてアイスコーナーの冷凍庫を指さす殿様。

目の先にはドドンと積まれたハーゲンダッツの箱がズラリ。

あれはわたしの好物、バニラアイスをチョコレートとナッツでコーティングしてあるやつじゃん!

冷凍庫をあけてアイスとりだそうと手を伸ばした瞬間、パッケージを見てハッとした。

うわッ!1箱で15コも入ってるんだ(汗)

殿様ってチョコとかポテチを買うくせに、結局自分は全然食べないんだよな…。

で、もったいないからわたしが全部食べちゃうやつ。

今回も1,2個だけ食べてあとはわたしは頂くパターンじゃん。

こんなにアイス食べたら太るから、いかん、いかん!この誘惑には負けないぞ。

思わずアイスに伸ばした手をひっこめ、殿様が並んでいるレジへ向かった。

「あれ?アイスは?俺食べたいって言ったじゃん」

「殿様いつも買うわいいけどあんまり手つけないでしょ。最後はわたしが処理してばっかだもん」

「アイスは太るからわたし食べたくない。いるなら自分でとってきて」

文句言いたげに不満な表情を浮かべる殿様。

予想的中、レジを済ませた後、カートを押して自分だけさっさと車の方へ歩き出しちゃった。

殿様は歩くのが早く、わたしはのろま。

いつもならわたしが小走りして殿様についていくんだけど、殿様の大人げない態度にわたしもイラっときたから、マイペースに駐車場へ向かう。

重ーい雰囲気漂う車内…先に口をひらいたのは殿様。

「あのさ、俺がアイス食べたいって言ったのに、なんでとってくれなかったの?(怒)」

「だから殿様がいつも食べきらないからだよ」

「俺はいつもReikoが食べたいっていうものは全部買ってあげてるじゃん。一回もダメっていったことないでしょ!」

「いや、殿様だってそれは不健康だからって買ってくれなかったこと何度かあるし!!」

「ここ最近仕事しっぱなしでさ、こっちはストレス溜まってるんだからアイスくらいいいじゃん」

「だから食べたいなら自分で取ってくれば?って言ったでしょ?でもそうしなかったのは殿様の方じゃん」

「Reikoの方がアイスに近いとこにいたんだし、俺が食べたいって言ってるんだからとってくるべきだよ!!」

「俺は帰りながらアイスを食べたかったの!!!!!」

おじさんのくせに小学生がダダこねてるみたいでウザっっ。

「今食べたいんだったら目の前にあるガソリンスタンドに寄りなよ。そこにコンビニあるからハーゲンダッツ買ってくれば?」

「俺はあそこには停まりたくない!Costcoのアイスが欲しかったし、何よりReikoがどうして俺をお願いをきいてくれなかったのか理解不能なんだけど」

「ねぇ、なんでとってきてくれなかったの???」

あー、またはじまった。

殿様のネチネチ攻撃。

ホント殿様って小さなことでもずっと文句言ってくるし、しつこいんだよね。

うざいから無視しとこと思ったけど、今回は予想以上になんで?なんで?を繰り返すもんだから

「たかがアイスくらいでグチグチ言うんじゃねーよ!子供じゃなんだからいい加減にしろよ!!」

もうここまできたら日本語出ちゃうよね(笑)

殿様は日本語がわかるから

「Reikoは小さな事だと思ってるだろうけど、これがどれだけ大ごとなのか君はわかってない!!!」

いや…アイスでしょ(笑)

真剣に怒ってるけどさ、アイスをとってもらえなかっただけでしょ?なんでこんなにプンスカしてるわけ????

吹き出しそうになったけど、そこはこらえてと。

それから2人ともだんまり。

20分くらい無言状態は続き、家に到着。

駐車場から部屋につくまでも会話はなし。

そして部屋についた途端、殿様はバスケしに出かけた。

1人部屋に残されたわたしは、こうしてブログをせっせこ書いて鬱憤晴らしをしている。

さて、このあとどうなるかな~。

ホントつくづく殿様とは合わないわ…と感じた今日でした。

目次
閉じる