ひたすら殿様をほめまくるの巻

うちの殿様は性格は俺様的でジャイアンだけど、ホントに優しい。

ジャイアンで優しいってどっちやねん!って感じだけど、私が弱っているときにその優しさが全面に顔をだしてくる。

朝からだるく体調がすぐれなかった昨日。

熱をはかってみたら軽い微熱。

ゆっくり寝たら熱も下がるだろうと思い殿様にテキスト。

「私しゃ、熱があるから今から寝ます」

ランチ休憩に電話をかけてくるのが殿様の日課。

寝ます、と打ったテキストの意味は、、寝たいから今日は電話してこないで、私なりの合図であって(汗)

案の定、この日のランチ電話はかかってこなった。

心置きなく家でぐーたらしていたわたし。

そしてピンポーン。

いきなり鳴った家のベルに飛び起きる。

恐るおそるドアを覗くとそこには殿様の姿があるではないか!

おいおい、まだ15時だぞ。

帰ってくるには早すぎるじゃないか!!

すっぴん、髪の毛ぼさぼさ、しかもパジャマのわたしはオドオドと焦る、あせる。

まさに今のわたしは殿様の一番嫌がる格好をしている。

今からメイクするわけにもいかんし…ええいっもうドアあけたれー!

「お、おかえり。ずいぶん早かったね…(汗)」

わたしの格好にあまり驚かない殿様。

「体調よくないっていうから早く帰ってきたよ」

やさしく言う彼。

「熱どれくらいあるの?アイス買ってこようか?」

私が弱っているときは全力で看病してくれる。

夜ご飯もつくってくれるし、後片づけはもちろん、大好きな足マッサージまでつけてくれるってんだから。

なんて優男なんだ。

カニパンみたいなムックリとした手の持ち主、殿様はお世辞ではなくその辺のセラピストよりマッサージ上手。

誰が寝つくまでマッサージなんてしてくれるよ⁉

たっぷり12時間寝たわたしはおかげさまで回復。

殿様ありがとう。

あなたは素敵な旦那さまです。

目次
閉じる