激かわアイテム勢揃い!アリゾナの行くべきショッピングモールと戦利品

アリゾナの州都フェニックスPhoenixに1年間住んでいたわたし。

2020年にフェニックスからロサンゼルスに戻って以来、2年ぶりにサボテン王国アリゾナに行ってきましたわん。

その理由は…。

ツーソンで購入したお気に入りのアクセサリーホルダー?を落としてしちゃってね、割れたのよ…(涙)

ウソなしで涙がでまして。

殿様がグルーでくっつけてくれたけど、割れ目は消せないし。

いてもたってもいられなくなり、購入したアリゾナのお店に飛んでいきましたの。

調べたらツーソンのショップがフェニックスのモールに移転したみたいで、覗いてみたらなんとビックリ!

そのモールがさ、めちゃくちゃオシャレだったんですよ。

これは是非シェアしたいから書き綴ります。

目次

おしゃれショッピングモール:The Frederick

去年2021年5月にオープンしたThe Frederick

わたしが住んでいた頃はまだなかったのよね。

もうさ足を踏み入れた瞬間から感動。

だって見てよ、このミッドセンチュリーモダン風のデザイン。

おしゃれすぎるやん!

エントランスだけでも絵になるスポットが多すぎて、なかなか前に進まない(笑)

他にもお披露目したいところはあるけど、先に本題のショップ紹介へいきますか。

一番のお気に入り:BATEA Boutique

今回のアリゾナで1番好きなショップになった雑貨とアパレルを扱う、BATEA Boutique

ツーソンのダウンタウンから移転してきたショップがここ。

当初ツーソン店は残し、フェニックスが2号店になる予定だったけど、コロナの影響もありツーソンを閉めて、フェニックス1本にしたみたい。

ツーソン店も超絶かわいいアイテムで溢れてたなぁ。

BATEA in Tucson

さてフェニックス店。

嬉しいことにお店が広くなってパワーアップしてたの!!

きゃー!全部素敵すぎてどこから見ればいいのか目移りしちゃう。

真っ先に目がいったのはアクセコーナー。

おぉ!ターコイズのインディアンジュエリーあるね~。

実はさ、アリゾナに住んでいたとき空き巣に入られて、金目のもの全部持ってかれたのよね。

中にはニューメキシコで買ったお気に入りのターコイズブレスレットもあったりして(涙)

だから新しいインディアンジュエリーも探してたのよ。

ちなみにネイティブアメリカンの聖地、パワースポットで知られるセドナがあるアリゾナは、ターコイズの産地としても有名。

良質なターコイズを使用した格式高いインディアンジュエリーが手に入ります。

ふわぁ、テンション上がる~。

イケてるショップには必ずあるバスケット。

見せる収納としてインテリアにもなる優れモノ。

夏にはハット、白Tシャツ、ヴィンテージデニムにアクセをたくさんつけて、こういう涼し気なサンダルを合わせたい。

見えづらいところには、掘り出しものがある説。

こっそり隅に置かれたリネンぽいこのバッグなんて素敵じゃん。

ヴィンテージとニューメキシコで買い付けたラグのミックスもいい感じ。

ラグはおしゃれ空間をつくるマストアイテム。

リーバイス501のヴィンテージデニムが豊富なのよ。

デニムは大体$100台とお手頃!

夏は50℃を超えるアリゾナではショートパンツは必須。

ミリタリージャケット♡

BATEAのヴィンテージは、汚れなくどれもコンディションが良いですぞ。

バスケットをウォールにかけるショップは多いけど、こういったウッドアイテムをインテリアに使うのも素敵。

お勉強になります。

さて、お目当てのこのサボちゃま。

BATEA in Tucson

ローカルのアーティストさんが1つ1つ手作りしているんだけどね、悲しいことにもう生産停止したんだって(涙)

BATEAの店員さんも

「お願いだからうちだけに少量でもいいから作ってくれない?ってお願いしたけど無理だったの(涙)」

なんと。

もうわたしは手に入れることができないのかぁ…。

ますます悲しくなってきた。

その代わり…にはならないけど、このインディアンジュエリーを掘り出してお買い上げ。

細身だからブレスレットを重ねづけしてけも邪魔にならないしね。

色合いに一目ぼれした、ニューメキシコのラグ。

ヴィンテージのキャビネットに、お気に入りキャンドルと合わせて。

ちょうどいい細長さで、家具とも相性ばっちり♡

あとは春夏にさらっと羽織れる、ヴィンテージの白ロングシャツも購入。

これは着たほうが可愛さが伝わるので、またインスタにでも載せます(笑)

さて次は、サボテン雑貨やステーショナリーを扱うショップへ参りますぞ。

サボテン天国:Creative Kind

文房具や雑貨のお店、Creative Kind

入った瞬間からいいモノに巡り合えそうなにおいプンプン。

はい、早速キター!

サボちゃまミトン。

激カワじゃないか♡

もちろんミトンは即買い。

さて問題。

わたしはどらちを選んだでしょうか?(笑)

ミトンのまわりに並べられていたのが、アリゾナで作られているソイキャンドル。

中でもオレンジぽい柑橘系のPhoenixというキャンドルが、最高に癒される香りでそれもゲット。

持ち運びに便利なトラベルサイズをいただきました。

文具コーナーもチェックしてみましょ。

うわぁ、おきゃわステッカーで溢れてる!

アリゾナに住んでいたときね、日本からお友達が遊びに来てくれたのよ。

そのときたくさんステッカーを買い込んでいたんだけど、今ならその気持ちよくわかる。

わたしも早速YETIタンブラーにサボちゃま貼っちゃったもんね~。

はぁ、見るたびにやついてしまう。

からの~、ミトンはこっちのサボちゃまをチョイス。

大好きなサボがこんなにいっぱい♡

可愛すぎて使えないよ~。

親子コーデが楽しめる:Cricket Ruby

スコッツデールにも店舗があるKids服と雑貨の、Cricket Ruby

Boysは肌ざわりのいいTシャツやボトムスがメインの中、大人顔負けのジャケットなんてのもあったり。

ワンピからパジャマまで親子コーデできるアイテムがいろいろ。

キュートでガーリー好きが悶絶するショップです。

わたしの目を引いたのは、デンマーク生まれのDollブランド、Maileg

メインキャラ、マウスの愛くるしい顔に、着せ替え自由なセンスのいいお洋服と、ヨーロピアンテイストの家具、どれをとってもおしゃれなデザインは、大人も集めたくなるほど可愛いのよ。

やわらかい色使いが特徴のMailegは、ワンランク上のシルバニアファミリー。

自論、Mailegをおいてあるショップは、他のアイテムも外れない説(笑)

ちなみにMailegは日本公式サイトもあるので、チェックしてみてださいな。

ギフトにもぴったりなものがたくさんありますぜ。

その他スポット

2022年2月時点での店舗数は9と、こじんまりと穴場感あるThe Frederick

白を基調とした平屋タイプのショップを彩るのは、アリゾナらしいサボテン達。

腰をおろせるスペースもあったり。

お手洗いもこじゃれとる。

ちなみに中も清潔ピカピカ、無臭でございます。

お手洗いがそこまで綺麗じゃないアメリカでは、これ重要ポイント。

おまとめ

その他にもコーヒーショップやお花屋さん、ジュエリーにアパレル、どこも個性あふれる素敵なショップばかり。

まだ空きスペースがあるから、今後少しづつ店舗が増えてくと思います。

アリゾナのアイコン、サボテンをはじめとするセンスのいい雑貨、インディアンジュエリー、ヴィンテージ服や家具など、ロサンゼルスとは違うおしゃれさがここにはあって、アリゾナもいいなぁ~と改めて感じた今回のロードトリップ。

大自然が広がり、ゆったりとした時間が流れるアリゾナは、いるだけでホント癒されますよ。

大好きなサボテンに囲まれる生活が懐かしい~。

ロサンゼルスからフェニックスまで車で片道6時間、飛行機で1時間20分。

時間が許すならLA観光のついでに、セドナやフェニックスにも足をのばしてみてください。

わからないことなど何かあれば『おたずね箱』からメッセージをお願いします。

目次
閉じる